サイトマップ

小さな離れのある家-離れ、母屋、
中庭で多様な生活ができる最小住宅

平均的住宅の広さは30坪前後ですが、この離れ付住宅の床面積は離れと母屋を含め10坪の最小な平屋住宅です。 小さな離れと母屋でできる中庭にウッドデッキを敷きシンボルツリーを植えた『癒し』スペースのある10坪程の最小住宅イメージです。 小さな離れと小さな母屋の間に生まれる小さな中庭....この三つのスペースで多様な生活を楽しみ、小さいながらも豊かな生活を考えた最小住宅です。

ページトップへ
離れ付最小住宅

※小型端末では横向きの方が画像イメージは、大きく見やすくなります。

小さな離れと開放的な中庭

母屋と離れの合計が約33平方メートルの10坪の住宅を平屋の離れと母屋でできる庭をメインに描いてみました。 一人または二人用の最小住宅のイメージパースを作成致しました。 離れは、それぞれの住まい方でいろいろな使われ方があると思います。(趣味の部屋、仕事部屋等)母屋と少し距離を置いてテラス窓を対面させ、離れと母屋を視覚上も連続させて配置したイメージです。 木製のデッキを敷き外構と一体としてデザインすることで開放的な中庭(離れと対面した母家でできる庭)としての半戸外のスペースができます。離れ付小住宅でライフスタイルにあった離れと庭の活用ができます。

Garden
母屋から庭と離れをみる
離れ庭イメージ

母屋から庭と離れをみる

母屋のLDKからウッドデッキテラスの緑の樹木をとうし離れを観たイメージです。この庭も住まいを構成するスペースとして関係し わずか10坪程の家ですが青空の視える半屋外の居間付の最小住宅の庭と室内イメージです。

Garden
離れ、ウッドデッキテラスから母屋へ繋がる
離れ庭イメージ

母屋、離れ、中庭のスペースの組み合わせで豊かなライフスタイル

離れは畳敷きのわずか3.5畳の大きさですが中庭、母屋と連続したスペースのイメージです。寝転んで読書をしたり、 座椅子に座っての仕事をすることができる部屋として利用できます。小さなテレワークスペースになります。もちろん来客スペースとしても活用できますよ、、 母屋、離れ、中庭のスペースの組み合わせで豊かで多様なライフスタイルをつくることができます。 中庭の樹木は季節感をやさしく感じさせてくれます。

Garden
テラスから室内イメージ
屋外テラスイメージ

木影の下でゆったり作業

晴れた日は、木影の下でくつろぎながらパソコン作業ができるうれしいウッドデッキテラスです。 小さな半戸外の中庭で、気分を変えて楽しくリラックス。 この庭も住まいを構成するスペースとして関係しわずか10坪程の家ですが青空の視える『半屋外の居間』として多様な使い方ができます。

小さな離れのある家(床面積:10坪程)‐間取り参考例

離れのある小さな平屋間取りイメージ

離れと母屋の間取りです。母屋8.3坪程、離れ1.7坪程

浴室からも中庭が観れます。キッチン横の窓際にはカウンター付キャビネットを設置。 家事同線を考えその左側に洗濯機は収納できます。カウンターはいろんな作業(アイロン掛け、配膳等)に役立ちます。カウンターの下はワゴンを考えてもいいと思います。

寝室にはクローゼット設置、部屋の間仕切りはアコーデオンカーテンでもいいと思います。玄関左に物入、右に棚を設置。LDKはソファーとテーブルを置いてみました。

離れは畳を3帖(淵ないタイプ6枚)ほど敷き詰め、一部板張りです。板張りのスペースは、物入れを置いたり、収納スペースとして活用できると思います。

ベッドはセミダブル程ですが、床面積は少し大きくなりますがベッドルームを大きくすると2人用の寝室スペースになります。

太陽日射と離れの影

小さな離れを母屋の南に配置して、母屋にありがたい冬の太陽日射が差し込む条件を検討しています。以下検討したリンク記事を参考にしていただければと思います。

東京の冬至日の離れの影

東京の夏至日の離れの影

Copyright© 2012 ホームシュ-ト All rights reserved.
画像無断利用禁止

Valid XHTML 1.0 Transitional